You are using an outdated browser. For a faster, safer browsing experience, upgrade for free today.

Health


美しい身体作り、健康な身体作りの鍵
(その25)
からだメンテナンス 簡単ストレッチ

柔軟性とは、容易かつ痛みなく関節および周囲の筋肉を特定の運動範囲に動かす能力を指します。


柔軟性が高いと日常生活の活動も効率的、姿勢も良くなり、怪我のリスクも少ない(特にスポーツや運動に関連するもの)など良いことづくしです。柔軟性は人によって異なります。それでも、週2〜3日の一貫したトレーニングで向上することが出来ます。


それにはやっぱりストレッチをすること。ぐーっと体を伸ばすことで筋肉の緊張が解放されると、単純に気持ち良い!ですよね。


ビギナーでも、時間が中々取れない方でもできる効果的で、簡単に続けられるストレッチをご紹介しましょう。



スタンド・ヒップ・フレクサー・ストレッチ

Standing Hip Flexor Stretch

腰の筋肉に重点を置いています。この筋肉は、長く座り続けたり、走るなど反復的な有酸素運動の活動から硬くなってきます。ランナーさんにもお勧めです。

・足を前後に軽く開きスタンスをとる。

・膝を軽く曲げ、尾骨は後ろ脚に落とし、骨盤を少し前におろします。

・背がもたれたり、丸くならないよう背骨を真っ直ぐに保つ。

・ホールドし、反対側で繰り返します。


シーテッド・ヘッド-トワード-ニー・ストレッチ

Seated Head-toward-knee Stretch

ハムストリング(大腿の後ろ)に焦点を当て、背中の緊張を和らげます。

・リラックスして座り、片脚を前に伸ばし、もう片方を曲げます。

・背を真っ直ぐ伸ばし、伸ばした脚に向かって胴を少し回転させます。

・静かに前方に折りたたむ。ホールドし、反対側で繰り返します。


**ストレッチのコツ**

•息を止めず、滑らかで安定した呼吸パターンを維持しながらストレッチをすることに集中してください。

•反動つけや急激な動きを避けます。無理に伸ばすと逆に怪我を引き起こしてしまうことも。(ストレッチを 保持する)静的ストレッチングは、筋肉が過度に伸びたり傷ついたりするリスクが比較的低い、柔軟性を改善するために効率的なストレッチング技術です。

•気持ちがいいと感じる程度にゆっくり行ってください。ストレッチを10〜30間保持し、元の姿勢に戻してから次のエクササイズに移ります。

•筋肉が温かくなると伸びやすくなります。日頃、運動をしている方はエクササイズセッションの終わりにストレッチを組み込むと良いでしょう。温浴やシャワーの後でストレッチも心身のリラクゼーションになりますね。


※ご自分の健康状態を考慮した上で運動を行いましょう。


SWETXY ベントリー葵


 

<広告>

 

<広告>

About Writer

ベントリー葵

ニックネーム:Azure アズーリ
神奈川県 横浜市出身
ズンバフィットネス, LLC. 認定講師
SWETXYスウェクシー経営
Azure Enterprise 経営(七五三写真撮影サービス)
Metro Atlanta Residencial コミュニティにてフィットネス講師として活動
日系企業ウェルネスフェアにてグループフィットネス講義や実技の講師経験あり

米国に移住前は大手エステティックサロン運営会社でチーフカウンセラーとして7年間勤務、カスタマーサービス・カウンセリング技術・健康、美容の知識を養う。幼少時代は重度の喘息と闘病、体調が良い時に唯一楽しめた運動はモダンバレー・新体操・バトントワーリングだった。2012年に交通事故に遭遇し、2013年から事故の後遺症の為のリハビリに通うことになり、そこでストレッチ・筋トレや軽い運動が含まれたプログラムを受け、体調の変化を実感。リハビリプログラム終了後も体強化の為にトレーニングを続け、2015年にズンバフィットネス認定講師の資格を取得した。

妻であり、3児の母であり、平日の日系企業勤務は10年目を迎え、週末は個人事業をしている。フィットネスインストラクター活動をし、多くの人たちに安全で効果的なエクササイズを満喫してもらえるよう、日々、運動・筋トレ指導に関しての根拠や理論の勉強も続けている。

 

<広告>