You are using an outdated browser. For a faster, safer browsing experience, upgrade for free today.

Health


美しい身体作り、健康な身体作りの鍵
(その28)
ストレスリリーフとリラクゼーション

多少のプレッシャーは人生に必要なものとも言いますが、あまりにも多くのストレスを貯めてしまうと生活の質や健康にマイナスな影響を与える可能性があります。皆さんはどんなストレス解消法をされていますか?


• ゆっくりと深呼吸をする。
• 温かいお風呂に入る。
• 穏やかな音楽を聴く。
• 散歩やその他の活動をする。
• 家族や友達とお喋りを楽しむ。
• 瞑想する。
• ヨガのクラスを受講する。
• マッサージをする。
•アルコールやカフェインを含まない温かい飲み物を飲む。


など、これがあるだけで、気持ちが潤うと感じる何かがあるのはとっても大切ですね。


 ストレスにより、体が緊張するとともに硬くなり、コリや痛みを感じることもあります。そして、そのコリや痛みがストレスを倍増し、悪循環ってことも。定期的な運動をし、清々しい気持ちになることで、不満や不安感を取り除くことに役立ち、ストレスを和らげることが出来ます。


今回は筋肉のリラクゼーション法 PROGRESSIVE MUSCLE RELAXATIONを、ご紹介したいと思います。PROGRESSIVE MUSCLE RELAXATIONとは大きく呼吸をしながら筋肉を緊張,弛緩させることで、筋肉をリラックスをさせる運動方法です。


個人的には寝転がって行うのが好きですが、立っていても、座っていても出来ます。深呼吸をゆっくりと4回したら、1~3の呼吸法と合わせ、各部位の運動を1箇所づつやってみましょう。手足は左右片側づづ行います。


1)4~10秒間大きく息を吸い各部位の筋肉を適度に緊張させる。
2)一気に息を吐き、筋肉を完全にリラックスさせる。
3)10~20秒間休む。次の箇所を行う。


手と腕
• 手:しっかりした拳を作る。
• 腕:肘を少し反らすように腕を真っ直ぐ伸ばす。
• 上腕:拳を作り肘を曲げ、上腕二頭筋を盛り上げるよう力をいれる。
• 肩:肩を耳につける感じですくめる。


頭部
• 額:目をつむり眉をぐっと上げる。
• 目・頬:目を強く閉じて、笑うように頬っぺたをあげる。
• 口:ゆっくりと大きく開ける。
• 首:上を見るように頭を後ろに倒す。


上半身
• 胸部:風船が膨らむような感じで息を吸い込み保持。
• 腹部:腹筋をぎゅっとしめる。
• 背中:肩甲骨が背中側で合うように寄せる。


下半身
• ヒップ:お尻全体から腿までぎゅっと力強くしめる。
• 太もも:伸ばしてぐっと強くしめる。
• 脚/足:かかとを外に押して、つま先は反りかえるように曲げる。次につま先を下に向けるように伸ばす。


すべての部位の運動を終えたら5~1数えます。その後、指、つま先、手、および足を動かします。 最後に、体全体をぐーっと引き伸ばします。全身の筋肉の硬直が和らぎ、気分も爽快になります。


道具を使わず、何時でも手軽に出来るお手軽さもいいですね。お風呂上り、就寝前はもちろん、なかなか寝付けないときや、リラックスをしたいときにお勧めです。静かな場所やタイミングで行い、気持ちと体のリラックスをしましょう。


※ご自分の健康状態を考慮した上で運動を行いましょう。


SWETXY ベントリー葵


 

<広告>

 

<広告>

About Writer

ベントリー葵

ニックネーム:Azure アズーリ
神奈川県 横浜市出身
ズンバフィットネス, LLC. 認定講師
SWETXYスウェクシー経営
Azure Enterprise 経営(七五三写真撮影サービス)
Metro Atlanta Residencial コミュニティにてフィットネス講師として活動
日系企業ウェルネスフェアにてグループフィットネス講義や実技の講師経験あり

米国に移住前は大手エステティックサロン運営会社でチーフカウンセラーとして7年間勤務、カスタマーサービス・カウンセリング技術・健康、美容の知識を養う。幼少時代は重度の喘息と闘病、体調が良い時に唯一楽しめた運動はモダンバレー・新体操・バトントワーリングだった。2012年に交通事故に遭遇し、2013年から事故の後遺症の為のリハビリに通うことになり、そこでストレッチ・筋トレや軽い運動が含まれたプログラムを受け、体調の変化を実感。リハビリプログラム終了後も体強化の為にトレーニングを続け、2015年にズンバフィットネス認定講師の資格を取得した。

妻であり、3児の母であり、平日の日系企業勤務は10年目を迎え、週末は個人事業をしている。フィットネスインストラクター活動をし、多くの人たちに安全で効果的なエクササイズを満喫してもらえるよう、日々、運動・筋トレ指導に関しての根拠や理論の勉強も続けている。

 

<広告>